お知らせ | 東京・横浜が拠点|株式会社ラルズアソシエーションなら外壁調査~外壁補修工事まで【足場設置不要】安全規格に則った最新機材導入により、より一層作業効率もUPした高所ロープ工法にて施工することを実現いたしました。これにより足場設置にかかる費用を全て抑えられることは勿論のこと、景観を損なうことや近隣とのトラブルも防ぐことができます。先ずはお気軽にお問い合わせください。

営業時間: 9:00~18:00
定休日: 土日・祝日(お電話は承ります)

お知らせ

  1. トップページ
  2. お知らせ

外壁打診調査は、建物の外壁や構造材の状態を知るための重要な手法ですが、どんな時に外壁打診調査が必要となるのかについて簡単に紹介していきます。
 
建物の状態を確認し、劣化状態に合わせて必要な対策を早期に行うために定期的な外壁打診調査は、とても有効です。
 
また、古い建物や年数が経過した建物は、外壁や構造材の劣化が進行している可能性があります。外壁打診調査を行うことで、老朽化の程度を把握し、必要な修繕や補強を計画することができます。
 
建物のリノベーションや改装を計画する際には、外壁の状態を把握するために外壁打診調査が行われ、外壁の強化や修復が必要な場合は、建物のリノベーションや改装を行う際に合わせて修復も行われていきます。
 
外壁の状態は、建物の耐震性にも関連しています。
 
地震などの災害が発生した場合、外壁の状態が影響を及ぼす可能性があるため、耐震性の評価の一環として外壁打診調査が行われることもあります。
 
このように外壁打診調査は、建物の状態を正確に把握し、適切な対策を取るために非常に重要です。建物の保守や改善を考える際に、適切なタイミングで外壁打診調査を行うことで、長寿命な建物を維持することができます。

お問合せはこちらから